カテゴリー
americansleepover-jp.com

ジャンゴ 繋がれざる者

解説

映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は2012年に公開された西部劇映画です。巨匠ク

エンティン・タランティーノ監督が手がけ、彼の代表作である『パルプ・フィクション』などをも超える興行収入を記録しました。世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では5部門にノミネートされています。痛快なストーリーと刺激的な映像描写が話題です。

あらすじ

南北戦争直前のアメリカ南部。黒人奴隷のジャンゴはドイツ人賞金稼ぎの歯科医キング・シュルツの獲物の顔を知っていたため彼に自由を与えられる。彼の元で銃の腕を磨き、稼いだ金で妻を買い戻そうと奮闘するも、彼女が囚われているのは暴君カルビン・キャンディが君臨する農園だった。見かけは黒人、心は白人の老獪な奴隷頭スティーブンが二人の正体を見破り、一大死闘が展開する。